えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

「生と死」のこたえ。死刑囚042

死刑囚042 全5巻完結(ヤングジャンプ・コミックス) [マーケットプレイス コミックセット] [?] [?] by [?] by [?] by [?] ... [?] [−]

 

特徴的なタイトルと感情が読み取れない表情だなと思ったこの表紙。

しかし全て読み終えると印象はガラリと変わった。

 

 

 

 

 

 

あらすじ

舞台は日本に限りなく類似した架空の近代法治国家。死刑囚042号(本名:田嶋良平)はある日突然独房から出され、椎名という研究者から死刑制度に代わる新たな制度のための実験に参加しないかと言われる。その実験とは、殺人犯などの凶悪な死刑囚を死刑にする代わりに、興奮し殺意を抱いた時に脳が発する周波数を感知すると自動的に爆発するチップを脳内に埋め、かつ24時間体制の監視役をつけて安全を確保した上で社会奉仕をさせるというものであった。田嶋はその提案を受け入れ、チップを脳内に取り付け、「集英高校」で働く事になる。

 

 

本作の主人公は7人の暴力団関係者を殺した凶悪殺人犯。死刑囚としての日々を過ごす中で突如始まった実験に参加することにより、徐々に人間らしさを取り戻していく。

人間の心とは「何か」を問う物語。

 

 

 

 

「生と死」についてのひとつの答え

死刑囚042(2) (角川コミックス・エース)

当初、この漫画を読んでいる時は「残酷だな」との印象を私は受けた。死刑囚を使った実験はあまり受け入れることはできなかったし、事実作中で田嶋が高校に赴任してきた時は生徒たちのほとんどが怯えていた。それもそのはず、実験は危険すぎるからだ。

無謀だと思える実験の最中に先ほど書いた通りに田嶋は人々と触れ合うことにより「優しさ」を取り戻していく。それはひとつの人間らしい感情だろう。

カウンセラーである椎名も徐々に変わってきて、最終的に彼は田嶋と良き友人として触れ合うことになる。後半では生きる意味や死ぬことの辛さにも着目しており、読者にとってもやるせない気持ちになるだろう。私はこれを死刑囚に対する「ひとつの希望」なのだと思った。

「人の命」に向き合い、人間らしさについても語るシーンもある。私はこの本を読んで可能性を見つけた。そんな気持ちにさせてくれるような「死刑囚042」だった。

結末は私の口からは多くを語れないが多くの人々の感想を聞いてみたい。

いつかこれを読んでいるあなたにも手を取ってほしい。

 

 

 

 

 

あなたはどんな可能性を感じただろう?

死刑囚042 5 (ヤングジャンプコミックス)

小手川ゆあ先生の作品はミステリーが多いが、この作品に関してはずいぶんと挑戦をした漫画だったなと。彼女の新たな挑戦、そして代表作のひとつとして「死刑囚042」の名前を挙げて良いだろう。

自分的には絵が好みなのでもっといろんな作品を読んでみたい。