えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

インスタ映えについて思うこと

Instagram

 

今年の流行語になるんじゃないかの勢いで皆さんが使っている言葉。それこそが「インスタ映え」

レストランなどの外食や散歩している時にやたらとスマホを片手に写真を映し出す。インスタグラムをやっている僕としては「別に普通じゃね?」と思うし景色を携帯に保存することは別にいいんじゃないですかね?って考えの人なんですよ。

 

 

というか僕なんかはインスタグラムを上手く使えてないのかよく人に「一定の人にしか魅せてないね?君のインスタグラムは」なんて言われたりする。

僕のインスタグラム。それは主にゲームやってる写真を紹介していると思い出したかのように外食の様子(主にラーメン)しかないため人々に何の影響ももたらさないのは確実だ。僕のインスタグラムなんかそれはゴミクズみたいなもんでTwitterはてなブログでやれば済む話なんだ。わざわざインスタグラムという土俵に立ってインスタグラマーの皆さんと戦うことはない。だから僕はインスタグラムに執着していないし、インスタ映えについて語れるほど楽しんでいないのだ。

なんでインスタグラムを始めたのかと問われると正直なところ「どんなものか試したかったから」それしかない。あまりにも軽すぎる理由だ。

とはいえインスタグラムに知り合った人も何人かいて1年くらいの付き合いになる人もいるためそこで退会するのはあまりに無慈悲だし続けることにした。僕って意外とええ奴やろ?

 

 

 

さて、インスタ映えですか。

例えば「美味しい料理」や「楽しかったライブ」を言葉だけで伝えようとすると必ず限界がくるはず。言葉の力は大きいがやはりそれ一つでは無敵ではないから私たちは画像に頼るのだろう。

画像+言葉による力は無限に広がると信じている。より良い画像に付属している言葉は「発信力」と「影響力」をもたらすのだろう。インスタグラムは景色を共有するツールとしては素晴らしいコンテンツであるし、画像の編集も素人でも簡単にできる。

「紹介」という一部分に限ってはTwitterよりも役に立つしむしろもっと活用するべきなのかもしれないね。

ブスやブサイクがより一層際立つのもインスタグラムの面白いところで性格の悪い諸君は是非とも笑いにきてほしい。