えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

オカピと僕

僕がそれは小さな小さな子供だったころに近所で「子供会」と呼ばれる町内の子供同士の交流を深める団体があった。堅苦しく書きましたが、ようするに大学で言うところのサークルとほとんど同じと思っていただいても間違いはありません。




そんな子供会の面々で横浜のめっちゃ広い動物園「ズーラシア」に行くことになった。たしかあれはゴールデンウイークだったはず。
朝からバスを使って高速を何回も走り通すこと、5時間(長すぎる)
やっとのことで到着した。しょうじき僕たち子供も疲れたが一番疲れているのはバスの運転手さんである。ご苦労様です。


めっちゃ広いと豪語した通りに、ズーラシアはとてつもなく広く動物の種類も多く、とてもじゃないが一日で回れるものではなかった。だから、後半のエリアのペンギン(だったかな?記憶があいまいみー)とかは見れなかった。
キリンとかカバとか動物園の定番は子供はもちろん喜ぶが、ズーラシアには一番盛り上がるであろう動物がいた。




f:id:shigeta-of-13:20170314210004j:plain
オカピである。世界で一番可愛い哺乳類と言うだけあって実物はとてもかわいいものであった(にっこり)
オカピが一番の名物ではあるが、どうやらこのオカピ絶滅危惧種らしい。マウンテンゴリラと同じく絶滅危惧種だ。詳しい生態は今もまだ分かったいないらしい。
どうやら、このオカピの密漁が問題視されており保護団体も頭を抱えているそうだ。
絶滅危惧種の動物を減らす行為にあたることってものすごく犯罪的なんじゃないかな?密漁をする人間も生きるうえでやっているのだろうか。ただそれは地球上の生命を脅かす行為に違いないことをどうかわかってほしい。みんなはどう思う?