えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

渋谷と俺たち

すばらしきこのせかい

 

 

 

 

当時はクソガキだったから渋谷なんてよく分からなかった俺でもこのゲームの再現度はすごいなと思ったものです。

そんなすばらしきこのせかいの思い出を語らせてくれ。

 

 

 

 

 

渋谷の再現度の高さと心に闇を抱えた主人公

このゲームの特徴と言えば、渋谷の再現率の高さですね。大人になって今こうして見ると街の風景や地理関係はしっかりと再現されていて謎にテンションが上がったりしてね。その渋谷で物語が始まるのですがまた主人公が「あまり他人と関わろうとしない」いわゆる思春期特有の暗さがある人間であり人によっては嫌われることもあってね。

当時の僕も思春期一直線なこともあってか共感まではいかないものの彼に対して妙に親近感を湧いてしまう自分がいました。

そんな主人公が渋谷での事件に巻き込まれることにより、成長をしていき心境が変化していくのがこのゲームの見どころでありメインテーマに繋がるんじゃないかな?

 

 

 

Sの機能をフルに活かしたアクション性

今作の戦闘シーンはDSの二画面を同時に使い敵を倒していく本作独自のモノ。主に下画面でタッチペンを使い、上画面で十字ボタンもしくはまたはA、B、X、Yを使って二画面同時に攻撃を行っていくというとても画期的なもの。それに加えてマイクに向かって息を吹いたりして声を出したりできるのも面白いものです。

DSの機能をフルに活用したゲームというとすばらしきこのせかいの名前を挙げる人が多いのではないかな?

 

 

 

 

 

さて、本作は十年前の作品ではあるものの見どころもたくさんあり今やってもハマれる要素はたくさんあります。iOS/Android版も絶賛配信中なので気になった人はぜひともプレイしてみるべし!

 

 

 

 

すばらしきこのせかい

すばらしきこのせかい