えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

ポケモンカードGB

 

 

 

ポケモンカード GB

珍しく何もやることがない休日だった。

購入したドラゴンクエストも一息つかせて何か別のゲームをやりたい気分だった。やはり同じゲームばかりだと少し飽きてくるからね。

ニンテンドーバーチャルコンソール(以下、VC)。過去のニンテンドー作品を3DSWiiでダウンロードできるいわゆる任天堂のサービス精神の賜物だ。昔のゲームをやりたい時に便利だ。

今回VCで僕がダウンロードしたゲームはポケモンカードGB。小学生の時にプレイした懐かしのゲームだ。

さて、今回はポケモンカードGBについて説明していきたいと思うよ。

 

 

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BYTC6X7DPKX/

 

ポケモンカードGBの大筋のストーリーとしては各地のクラブマスターを倒して貰える

メダルを集めてグランドマスターに挑むというまるで「ポケットモンスター赤・緑」を基にしたようなストーリーだ。当時はあまり売れなかったようでその理由としてあの遊戯王のゲーム版も発売され、そちらに大差をつけられて敗北をしワゴンで見つかるような品物となった苦い過去がある。一応、ポケモンカードGB2も発売されているが当時人気だった「ポケットモンスター金・銀」のポケモンが出てこないこともあり地味な結果に終わってしまった。

 

 

 

しかしながら、物申したい。

ポケモンカードGB」は実際のカードゲームさながらの戦略性や歯ごたえがあり、例えモブのトレーナーでも意外な強敵が出てきたり当然クラブマスターも一筋縄ではいかかぬ百戦錬磨の人物ばかりだ。

火力の高いカードも入れていれば勝てるわけではなくトレーナーカード(遊戯王で言うところの魔法・罠カードのようなもの)をうまくつかって流れをつかむことが大切だ。火力の低いカードでも状況によっては使える技を持っていたりポケモンらしく進化をしてパワーアップすることも可能。どれだけ流れを掴めるかが大事になってくる戦略ゲームだ。

 

 

 

流れている曲もゲームボーイサウンドを巧みに使いつつも記憶に残りやすいものが多い。ライバル戦やグランドマスター戦、クラブマスター戦が人気が高いのではないだろうか。

かつてポケモンの普及に貢献したあの「イマクニ」も登場するのだがこれがまた泣けるくらい弱い。トレーナーカードを使って自分のポケモンをこんらん状態にさせたりと何をやってるのかが分からないのがイマクニだ。

ラスボスというか四天王ポジションのグランドマスターが恐ろしく強く(一部を除いて)ここで挫折をした人も多いと思われる。サンダーやファイヤーには気をつけよう。

 

 

 

携帯機でプレイするカードゲームがなんとなく衰退気味だがこんなゲームも昔あったのだよということを皆に知ってほしい、そんな気持ちで今日は書きました。