えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

陰キャラな僕がリア充と遊んで分かったこと。

f:id:shigeta-of-13:20170818150241j:plain




shigeta-of-13.hatenablog.com

↑前回の続き






結局のところディズニーランドには行かなかった。
その代わり彼らとリア充らしいことをやったが、僕としては疲れました。
こうやって文章にするだけども思い出して疲れるのはやっぱり自分はリア充ではないのと、外で遊ぶのは向いてないんだなと感じたからです。



まあ、海に行ったんですよ。泳がなかったけど。
何もしていなくても暑くて汗だくだくだわ、砂浜を歩いていると足裏が焼け死ぬわ太陽が眩しすぎて目が開けられないわで地獄を経験しているみたいでした。水着ギャルを見ても汚い肌だなあとしか感想を抱けないし、「ああ、俺は何をしているんだろう。家に帰ってゲームをやりたい」そんな思いを抱いて海を眺めていた。



海と言えば。ドラクエ6の船に乗った時の曲すごい好きだな。全体的にドラクエ6の曲はサントラを買うほど好きだ。テンションが高くなる曲が多いし曲調も激しく情熱的なものが多い。スーファミ最後のドラゴンクエストというわけで気合がかなり入っているような気がするのは僕だけだろうか。



海を見てもこのようにゲームのことを思い出していたのでそもそも僕はリア充に向いていない人種だし、彼らとは合わない人間なんだろう。海は確信をさせる場所となった。
無理してリア充の真似事をしても疲れるだけだろう。自分なりに気楽に生きよう。ゲームしよう。
最期にリア充たちよ、俺なんかと遊んで楽しいかい?