えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

ワールドネバーランドは最高の箱庭ゲーム。

ワールド・ネバーランド 〜オルルド王国物語〜 【初回特典】ワールド・ネバーランド ~オルルド王国物語~ オリジナルサウンドトラック 同梱

 

このゲームについては以前の記事で姉とやりつくしましたよ~みたいな話をしたと思うけど詳しくは説明してなかったのでこの機会に紹介しちゃいます。

ハマる人にはとことんハマるゲームだと思うのでぜひ読んでいってね。

 

 

 

やらねば、買わねば、ワーネバ

f:id:shigeta-of-13:20170605150537j:plain

ワールドネバーランドは20年前に発売された「ワールドネバーランド~オルルド王国物語~」を皮切りに展開された架空人生シュミレーションゲームのことなんです。ゲームを始めるとプレイヤーであるアナタは見知らぬ国で新しい人生を始めることになり、その国で自由気ままにナンパするも良し、真面目にお仕事に取り組むも良し、鍛錬に励み試合に勝ち進んでいき名声を得るのも良し、全てはアナタの人生。アナタの思うままに生きることができるまさしく「架空人生」の名が相応しい箱庭ゲームなんです!

 

シリーズでいくつか出ているため今回は初代である「オルルド王国物語」のお話をしていきますよ。

 

 

 

箱庭ゲームとして素晴らしい点

f:id:shigeta-of-13:20170605151600j:plain

 

先も申した通りプレイヤーのアナタはオルルド王国に移住することになるのですが、案内人から最初の質問に答えていくと最後に「どこのオルグに所属しますか?」と質問が飛んできます。オルグは言わばアナタの職場でありオルルド王国では「ピートオルグ」「バンオルグ」「ユリウスオルグ」の3つがあります。どれもそれぞれ個性があるので好きな職場を選びましょう。(現実も職場を選べれば良いのにね)

このオルグでお金を稼いでいき、生活を送っていくことがこのゲームの主な目的なのは言うまでもありませんね?あ、ちなみにアナタの住む家は最初の段階で決まっているため不動産に出向く必要も一切ありません。この国の案内人優しすぎない?

オルグではいわゆるランキングがあり、Dランク~Aランク(最初は必ず外ランク)の中で競いあっていくことになっていきますが、そのランクを上げるにはどうしたら良いのでしょう?そう、試合で勝ち進んでいくことで出世していくのです。

 

f:id:shigeta-of-13:20170605152836j:plain

アナタは仕事の合間に鍛錬を行い技を覚え、ライバルたちと戦っていくことになるでしょう。

出世をしていくとやがては選挙に出馬をし、公平な選挙の中でオルグ長を決める大事な出来事にも遭遇します。さらにはオルグの垣根を超えて、国から選ばれる「親衛隊」と呼ばれる方々も人々からは尊敬の眼差しを受けています。

たった100人の人口しかいないオルルド王国というちっぽけな箱庭ですがここまでやることがたくさんあり、自由に生活を送ることげできる最高の箱庭ゲームなのです。親衛隊を目指して人々からの信頼を得るライフスタイルも良いんじゃないでしょうか?

 

 

 

リア充を目指そう

f:id:shigeta-of-13:20170605153555j:plain

?「彼女とかいらっしゃらないんですか(唐突)?」「え、そんなん関係ないっしょ(正論)」

ルルド王国では様々な人間が住んでおり、アナタはその中で恋人を作りリア充になることも可能です。大体は同じ年齢くらいの女性を狙うとわりと簡単に恋人になれたりします。デートばかりしているNPCが必ずいるのはなぜでしょうか?そして、もちろん恋人のその先の向こうへ。「結婚」という選択肢もアナタに求められます。

f:id:shigeta-of-13:20170605154457j:plain

我々と同じように生命を宿していき、守る者も生まれていきます。

そうそう、このゲームは自分の子供が成人を迎えた時に引継ぎが可能でありまた新しいライフスタイルを送ることができるでしょう。

細かいところとして子供は三人までは上手く宿るのですが、それ以降は全くと言っていいほど子供ができなくなるうえに子供を多く生むと親の身体にも負担がかかるそうです。人間らしい設定を加えようとしたのでしょうか?

 

 

 

ルルド王国の伝説

ルルド王国では4年に一回「ドラゴンドロップ杯」と呼ばれる各オルグのAランクの人々が参加できるトーナメントが開催されます。

そのトーナメントは1年を通してお祭りのように盛り上がるのですが、なぜそこまでの人気があるかというとトーナメント優勝者には伝説の龍「バグウェル」への挑戦が認められるからです。この龍が恐ろしく強くて、炎を吐いてきたりで他のキャラクターよりも一味も二味も違う強さを持っています。

皆、それぞれがバグウェルに勝ちたいという野望を秘めておりバグウェルの勝つことは全オルルド王国民の誇りでしょう。

その他にも王国の各所に歴史の文献が隠されており、かつてこのバグウェルの歴史もどこかに隠されています。全ての文献を集めると...?

 

 

 

やることは無限大。王国でのライフスタイル

ワールドネバーランド

以上がワールドネバーランドの楽しみ方となっています。もちろん、私が紹介した以外にももっと楽しい遊び方がるのであとは自分自身で探してみてくださいね。一見、地味なゲームに見えるけど同じことの繰り返しが苦痛でない人はもしかするとハマれるんじゃないかと考えております、よろしく。

そういえばこのゲームを作っているリバーヒルソフトは昔に倒産しちゃいましたなあ。。。リフレインラブとかもこの会社だったのにねえ。

 

 

 

ワールドネバーランド

ワールドネバーランド