読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

グランディアが20周年なんで語らせていただく

グランディア オリジナルサウンドトラックス

 

 

王道の良さってなんだと思いますか?制作者の意思がユーザーに伝わりやすいこと。子供から大人まで幅広い年齢層の方にプレイしやすいこと。他にもたくさんありますよね?

そんな王道の良さを地で行くゲームグランディアが今年で20周年ということで書いていきたいと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

セガサターンの挑戦

セガサターン ヒストリー~サターンが青春だった~下巻

 

セガサターンは窮地に追いやられていた。RPGと言えばドラクエ・FFが主流を作り、任天堂ポケモンを産み出し全世界で大ヒットをした。セガは開発元のゲームアーツに強力なバックアップを行い、やれるだけの宣伝も行いひとつのゲームにかけた。「セガサターンRPGは無理だ」という声も多かった。それでも、その声に負けじとひとつのゲームが完成した。その名こそがグランディアである。

 

 

 

 

あらすじ

120年近くに及ぶ大航海時代も【世界の果て】と 呼ばれる壁が発見されたことにより幕を閉じ、 鉄と蒸気に象徴される産業革命の時代に突入した世界。 数多くの冒険家たちが夢見て探し求めた 【エンジュール都市】も発見されず、科学技術の発展に伴い 人々の関心はより快適な生活を送ることに向いていく。 そして時代の流れに押し流されるように 冒険者たちは次第に姿を消していった・・・。 冒険者の血を引き、いつか自分も冒険者になることを 夢見る少年【ジャスティン】。 彼は旧大陸と呼ばれる【メッシナ大陸】にある 港町【パーム】に住む14才の少年である。 幼なじみで妹同様の【スー】と一緒に 冒険者ごっこやいたずらに余念がない。 そして、そのいたずらが母親のリリィに知られて怒られる・・・。 そんな日々を過ごしていた。*1

 

 

 

 

 

 

歴史に残る映画があるように、歴史に残るRPGがある

f:id:shigeta-of-13:20170402155814j:plain

そんなキャッチフレーズを掲げたグランディアはまさにその名が似合う超大作RPGとなった。冒険に憧れる少年「ジャステイン」が少女と出会い、様々な経験をこなし互いに惹かれあっていく。そして、ジャスティンも冒険を通じて成長を果たし少年から大人になっていく。。。と、このような王道そのものなシナリオなのだがその成長過程が丁寧に描かれている。

それはさりげない小さなイベントでも泣かせてくることや、人の出会いや別れなどがこれまた美しく演出されているからだ。

町の人々の服装や活気、置いてある日用品などもこだわりを感じさせ、さらには茂みのそばを通れば草木が揺れたり物が乗った机のそばを通ると上の物が揺れて落ちる。「当たり前のことを当たり前にやっている」のだがその気の使いように脱帽してしまう。

 

 

 

冒険を彩る音楽

グランディア サントラ(2)

 

グランディアの音楽を担当する作曲者はグローランサーシリーズで有名な岩垂徳行氏。氏が作りあげた音楽はとても勇ましく、冒険に出発する少年の背中を押してくれるようだ。特に要所のシーンで流れる「グランディアのテーマ」は名曲。

 

 

 

 

グラフィックも頑張ってるよ!

f:id:shigeta-of-13:20170402162745j:plain

プレステなどに比べてポリゴンを動かす能力が劣るセガサターンではあるが、今見てもそこまで違和感がないほどよくできている。当時のレベルでいったら最高の水準であり、ライバルのFFにも見劣りしないのでは?動きがイキイキしているのでキャラクターたちも生命観が溢れる感じがたまらんのですわ。

 

 

 

 

戦闘はやや特殊だがフルボイスでお楽しみいただけます

f:id:shigeta-of-13:20170402163521j:plain

戦闘の詳しいシステムは人によって馴れないかったり、めんどくさいと感じるかもしれないが戦闘はフルボイスで魔法を使うときなどキャラクターが叫んでくれる。戦闘勝利時には最後にとどめをさしたキャラクターがポーズを取りながらセリフを言ってくれるのだが、これが圧勝した時や通常勝、辛勝した時などで変わってくるためここでもまた丁寧な作りを感じさせる。

 

 

 

 

当たり前のことを当たり前に

f:id:shigeta-of-13:20170402164319j:plain

グランディアという作品は王道の中にも丁寧な作りが光っていたり少年の成長の記録が詰まっていたりなど、名作のひとつとして数えても構わないゲームだ。ハード戦争的な意味ではプレステに負けてしまったが、グランディア単体でなら様々な賞を受賞しゲームアーツの代表作として看板を張るようになった。PS版に移植したこともあり、知名度も高くなった。

「その世界にいる人々なら当たり前のこと」をここまで丁寧に作り上げたのはグランディアくらいではないだろうか?

 

 

 

 

続編の動き

グランディア エクストリーム通常版

 

グランディアII

のちにグランディアシリーズはプラットホームをPS2に移し、「2」「3」「エクストリーム」と続編を発売した。「戦闘が進化したがシナリオがやや薄いグランディア2」と「シナリオはともかくPS2屈指の戦闘RPG」との評価が多いようだ。なお、3は。。。。

ちなみに僕の初グランディアゲームボーイカラーのパラレルトリッパーズだったことも追記しておく。

 

 

 

グランディア

グランディア

 
グランディアII

グランディアII

 
グランディア オリジナルサウンドトラックス

グランディア オリジナルサウンドトラックス

 
グランディア エクストリーム通常版

グランディア エクストリーム通常版

 
グランディアパラレルトリッパーズ

グランディアパラレルトリッパーズ