読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

Fate/strange Fakeの一巻を読んでみた

読書

 

Fate/strange Fake (1) (電撃文庫)

 

豊富なスピンオフで知られるTYPE-MOONの看板作であるFateシリーズ。今回紹介するFate/strange Fakeもそのスピンオフのひとつである。

本屋で他のライトノベルを探してたら、これを見つけたので軽い気持ちで購入。これがかなり面白かったので、紹介するよ。一応ネタバレはしないので安心してほしい。

 

 

 

 

 

 

あらすじ

日本の冬木市における第五次聖杯戦争から数年後、アメリカ西部に位置する地・スノーフィールドにて聖杯発現の予兆が見られた。魔術協会の調査の結果、これは何者かがオリジナルの聖杯戦争の技術を模倣したものである事が判明。不完全な模倣ゆえにシステムには欠陥が存在し、在るはずのクラスが欠け、選ばれるはずのないサーヴァントが呼び出される。そしてアメリカのとある国家機関の思惑により、都市の外からも多くの魔術師達が流れ込み、「偽りの聖杯戦争」が開幕する。 *1

 

 

 

最初からクライマックス

登場するサーヴァントがどいつもこいつもまともじゃないうえに、マスターたちも本編(stay/night)では見ないような常識外れのやつらばかりです。ある意味まともなのがバーサーカーだけなのも本作の狂気を物語っている。

表紙にも登場しているようにみんな大好き金ぴか(ギルガメッシュ)とその親友(エルキドゥ)も登場。彼らは会って早々に宝具放ち、周囲の砂漠を半径云kmに渡りガラス化させたりなど最初からとにかく読書の度肝が抜かれました。過去の18人のハサンの宝具を全て使うことができるアサシンも初見の印象では「どうすんだこれ...?」って感じでした。

まだ一巻しか読んでいませんが、二巻もかなりヤバいことが起きると噂を聞いたので今からワクワクしています。

作者いわく「チートVSチート」

 

 

 

やったね!金ぴか!

親友がいることでいつも以上にテンションが高い金ぴかがかっこいい(言ってることもいつもよりかっこいい)です。

偽りの聖杯戦争なのでなにかとイレギュラーなことが多く起こり、呼吸する暇もないほど慌ただしいことが起きそうな予感ですな!

今年中に新刊も出るとのことで楽しみや!