えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

ゲームセンターでOLに会った話。 その1

f:id:shigeta-of-13:20161017224139j:plain

 

 

5~6年前の話です。

僕は格闘ゲームが好きでほぼ毎日のように学校の帰りにゲームセンターに寄って当時稼働したばかりのKOF13をプレイしていました。稼働したばかりでまだ粗削りな部分も多かったのですがそれですらも楽しんで笑顔で気持ちよく楽しんでいたのがつい最近のようです。笑顔で格ゲーやってんの気持ち悪いな。

 

 

ある程度ゲームに慣れてきて、乱入者にもそこそこ勝てるようになった時にその女性は僕の目の前に現れました。

いつものようにKOFをやっていた時です。これまたいつものように乱入者がやってきました。「さーて、どんな奴が相手かなー」それくらいの軽い気持ちで僕はスティックを握りなおしました。

いざ、対戦してみると。まあ格ゲーの基本的なことはわかっているもののKOF自体は少しも慣れてないんだなというのが第一印象。僕は3回ほど勝ち越したのですが、その度にキャラクターを変えていき、まだまだ模索中なのは明白でした。

そのあとも僕は5回勝ち越して、そろそろあきらめてくれよと思っていた時もまだ相手はクレジットを追加し「勝つまで今日は帰らない」そんな意志が伝わっていくようでした。

 

 

負けず嫌いは僕は嫌いではありません。どんな顔してプレイをしているんだろうとこっそりと向こうにばれない様にのぞいてみました。

すると、そこには華奢な身体をレディーススーツに身に纏いスティックを握りなおしている女性がいました。

てっきり僕は「理系の高校生」もしくは「ジャージとサンダルのひげもじゃもじゃのジジイ」を想像としていたのでこれには驚きを隠せませんね。服装から察するに仕事帰りにちょっとゲーセン寄ったのでしょうか。とにかく女性のプレイヤーはこのゲームに限っては珍しいなと。だからこそ、僕は彼女の練習相手になろうと思いました。

当然そのことは向こうに口頭で伝えていないので言わば僕の自己満足でしかないです。しかしながら、KOFに新しいユーザーがやってくるのは僕としてもうれしい限りなので、一緒にゲーム盛り上げようぜくらいの気持ちはありました。

 

 

 

結局、その日は僕に勝つことなく。10回勝ち越したところで向こうは帰っていきました。だんだんとコツをつかんだのか、確実にうまくなっています。「またここで対戦したいな」淡い気持ちを抱いていました。

 

 

そして、その気持ちは叶います。