読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

心を取り戻す甘々と稲妻

f:id:shigeta-of-13:20160910231431j:plain



こんにちは、いかがお過ごしでしょうか?
みなさん夏アニメは何を視聴していますでしょうか?
面白いもの、つまらないもの。安眠を促進させるもの、ご飯を食べながらみるもの。色々ありますね。
僕個人としては甘々とサンダーボルト...間違えた。甘々と稲妻を楽しみに視聴している所存です。ええ、もちろん僕もご飯を食べながら視聴していますよ。



料理が下手なお父さんが愛する娘「つむぎちゃん」のために料理に挑戦、ご飯を交えながら団欒をすることによってお父さんと娘の間に欠けていたものを取り戻すそんなお話です。例によって例のごとくリアルタイムでは深夜で放送しているので「飯テロアニメ」の一つとして認知されています。
欠けていたものとは何なのか?順を追って説明したいと思います。




お父さんとつむぎちゃんはとても仲が良くほほえましい親子として描かれています。しかし、半年前にお母さんが亡くなってからというものお父さんも料理ができないためつむぎちゃんのお弁当もいつも冷凍食品。夜も外食が多いそんな日々を送っていました。
ある日、つむぎちゃんと花見に行った日のこと。母にドタキャンをされたため一人で泣きながらお弁当を食べていた女子高生、飯田小鳥と出会います。
彼女との出会いをきっかけにつむぎに美味しいご飯を食べさせたい想いが芽生え、小鳥の母が経営する小料理屋を訪れます。そこで小鳥と一緒に炊いた土鍋ご飯がとてもおいしく三人の思い出に残り、定期的に小料理屋でご飯を作ることになりました。
三人は料理を作る楽しみやみんなで食べることの喜びを知っていくことに...




つむぎちゃんやお父さんなどを筆頭に各々の登場人物はとても気が良い人柄です。しかしながら表面的ではない小さな問題を抱えており料理を通じてその問題を解決していきます。問題というよりも忙しい毎日によって心が欠けているのかなと僕の印象でした。
例えばお父さんとつむぎちゃんは団欒の時間が減ったことにより娘と向き合って話す機会がなくなっていたのでしょうか。料理を食べることにより大切な心を取り戻していくのです。家族との時間は大切なんだなと全編を通して視聴者も向き合えるお話の展開です。ほのぼのとした良質な日常アニメです。




僕はつむぎちゃんよりも小鳥がご飯を食べるシーンが好きです。クロムクロ然り昨今のアニメは大きいオニギリやご飯が出てくるものが多くなってきます。あとこれは原作の話になるけど小鳥は回を増すことにおっぱいが巨大化してきますね。成長期か!
これを見てるアニメのスタッフに何が言いたいかというと水着回をやってほしい。ただそれだけです。