読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

清掃のバイトってどうなの?僕が答える。

考える

f:id:shigeta-of-13:20160328195740p:plain


いつぞやの冬の時期でしたか。
僕は清掃のバイトをしていました。
今日はその話をしたい。



面接。
社長が直々に面接をしてくれた。物腰は優しく、話しやすく。誰とでもフレンドリーに話すみんなのお父ちゃん的な存在だった。
特に試験などはなく、適当に色んな話をして即採用となった。


勤務。
冬の夜は寒かった。夜勤である。
まず、会社へ集合しそこから車で現地へ向かった。
水戸だったり、横須賀だったり。帝国劇場だったり。
とにかく色んな場所へ行った。時には福島へも行くらしい。ちょっとした旅行だ。

いざ、始めてみると自分がふだんどれだけ筋肉を使っていないかを痛感した。太ももが痛い。
初日はホウキとちり箱しか記憶しかない。たった、それだけなのだが六時間ほど階段を登り上がりしたので、太ももが痛かった。
あの寒さと痛みを忘れない。


馴れていくうちにワックスかけたり、本格的なことをできるようになった。それでもノロマな僕は足を引っ張っていた気がする。
こんな僕に優しく教えてくださったみなさん、ありがとう。


清掃バイトの長所としては、比較的に難しいことはしないのではやく仕事を覚えやすいことだ。やっていくうちに流れは簡単に覚えると思う。
短所としては、肉体的に辛い。運動音痴な皆さんにはキツいかもしれませんね。あと夜勤も辛かったのだが、たまにある朝勤も辛かった。最寄り駅を始発で出発しなければ間に合わないからね。


こんなところだ。あまり参考にならない。
社員のシフトを見てみたら夜勤終わったあとに朝勤の地獄巡りが目立った。お疲れ様です。



そして、えなりくん。
サムネイルはもっと別の画像がなかったのかね。