えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

太宰が僕を犯していく。その2

http://shigeta-of-13.hatenablog.com/entry/2015/09/07/200757



中学生。
僕の心情の変化としては。視野が広くなったのかもしれない。小学生の頃と比べて。
と、言うのも信頼できる人間が周りに現れたからだ。人と話してて穏やかな気持ちになる日が来るとは思いもしなかった。



同時に。
太宰治の人間性を僕は否定をした。作品に対しては僕は今も尊敬しているし世界観や文体は好きだ。身震いする才能を感じる。
しかし人間性に関してはやはり僕はあまり透きではない。そこまで卑屈になったり、過去を引きずったり。僕はあまり良く思わない。未来を作るのは過去ではなく。今なのだから。


例え友人の過去に何らかの人生に関わる良くないことが起きようとも。僕は友人を止めたりしない。なぜか。過去の友人ではなく。今の友人が好きだからだ。
太宰も同時に過去に囚われすぎなのではと思った。もちろん想像を絶する過去であり第三者の僕がこんな無責任なことを言うのは間違ってるのは知っている。
過去に縛られすぎても何も良いことが起きないのだ。
人の悪口は好きだが。





そんなこんなで太宰からの呪縛から解き放たれた。あの頃の僕は確実に太宰治に全てを犯されていた。


f:id:shigeta-of-13:20150912133845p:plain