えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

ときメモなんてもう古い。

なんて言わずに良かったら見てくだされ。


ときメモと言えばギャルゲーの金字塔として90年代にムーブメントを起こしていた。
今や、4まで出ている作品だ。
初代の完結編。もしくは補完作品と言ったら良いだろうか。通称「ドラマシリーズ三部作」がある。
恥ずかしながら僕はそこからときメモの世界に入門して、ハマった。



当時の僕としては映画的な演出とその見せ方に感服した。
ストーリーが王道すぎるのは否めない。初代本編と性格が若干違うキャラもいる。
しかしそれだけで終わらせないで、きちんと作り込まれている。正直なところ終盤の展開で目が売るんだ。
1つのドラマや映画を見てるような臨場感を見事に演出している。
本編の展開と比べると優しく分かりやすく。そして、泣ける。のだ。
あと、ミニゲームが面白い。サッカーやギターやマラソンなど。
以下、三部作紹介。





f:id:shigeta-of-13:20150823010811j:plain
虹色の青春。
メインヒロインは虹野沙希。彼女は本編では、12人いるヒロインの一人に過ぎないのたがユーザーからの人気が尋常じゃない。コナミが人気投票をさせたら彼女が上位だったらしい。
その投票を反映させて、虹野さんがメインを飾ることに。もちろん他のヒロインも登場するよ。虹野さん以外攻略できないけど。丹下桜氏が演じる新ヒロインも人気が出た。

ストーリーとしては、サッカー部の主人公がレギュラーになるために努力していく話。虹野さんはサッカー部のマネージャー。こんなに尽くしてくれる子はめったにいないぞ。




f:id:shigeta-of-13:20150823011721g:plain
彩のラブソング。
メインヒロインは片桐彩子。こちらも人気投票で上位のキャラ。元々はときメモ名物キャラの緑のあいつがメインを飾る予定だったのだが、あいつの中の人が忙しかったため(?)次点で人気があった片桐さんがメインになった。こちらは桑島法子氏(当時は新人?)演じる新ヒロインが地味な人気を。

ストーリーは校内で人気のアマチュアバンド「彩」のギタリストである主人公が文化祭に向けての新曲を作っているのだが、どうも彼は曲を作る上ではっきりとした原因の分からないモヤモヤがあった。
そんな時に偶然知り合った片桐さんにある一言を言われ...


f:id:shigeta-of-13:20150823012733j:plain
旅立ちの詩。最終作。ミスチルの曲ではない。
ラストを飾るのはやはり本編のメインヒロインであった藤崎詩織。と、緑のあいつ。あいつも人気あるんだな。ダブルヒロインである。途中で分岐するよ。ちなみに本編に出てきた他のヒロイン全員出演します。先に上げた新ヒロインも。ミニゲームやイベントも充実してるよ。

ストーリー。そろそろ卒業を迎える頃である。2月。主人公は幼馴染みである藤崎詩織に高校最後に自分の想いを告げようとしていた。
しかし、バレンタインデー当日。彼女から衝撃的な一言が...




長くなったが、ときメモ本編を知らない人でも十分楽しめる作品です。わりとはやく終わる作品なので社会人の方にも向いています。BOOK・OFFで100~500円くらいで売ってるかも。
栗林みえとは、なんだったのか。