えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

ペルソナ4をまったく知らない俺が画像だけ見てストーリーを考えてみる。序章。タカシくんの場合。

f:id:shigeta-of-13:20150608183907j:plain
序章。
タカシくん(推定18才)は幼い頃から苦労を重ねてきました。そのおかげで二十歳を目の前にして髪の毛が全部白髪になってしまいました。ついでに言うと顔も老けています。
タカシくんはモテたかったのです。タカシくんはまだ童貞です。女の子と付き合ったことがありません。
タカシくんは一度で良いから女の子の肌に触れてみたかったのです。しかし、タカシくんはモテません。その上髪も全部白髪です。ついでに言うと顔も老けています。
タカシくんは自分がモテないのは老け顔と髪のせいだと自分に散々言い聞かせていました。


そんなある日のこと。タカシくんが渋谷のタワレコ内を歩いていると女子高生たちがこんなことを話していました。
『マキコ、あの話知ってる??どんな願いでも叶えるペルソナの話』
『ああ、知ってるよ。最近Twitterでも話題になってるよね』
『何でも東京都のどこかにあるらしいよ。ペルソナ』
『え、そうなの?』
『あくまで噂だけどね。ところでペルソナがあったら何を叶える?』
『うーん。新しい彼氏かな?それかLIZ LISAのバック』






「ペルソナ」
タカシくんはいてもたってもいられなくなりました。
とりあえずタカシくんは家に帰宅して地図と筆記用具と衣食住に必要ななんやかんやを40秒で支度を終えて出かけることにしました。


タカシくんの都内横断の旅が始まります。














B級です。過度な期待はしないでください。