えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

良かったことだけ思い出してやけに年老いた気持ちになる。

f:id:shigeta-of-13:20160929212331j:plain

 

姉がミスチル好きなとこもあって、僕もよく聴いていました。

過去形なのは最近ではめっきり聴いてないからです。だからこそたまに聴くとしっとりした気持ちになり最終的には涙が出てきそうになる。

公式チャンネルでくるみのPVが配信されていたんですよ。オチは知ってたけどこれもまた泣きそうになってね。

くるみ自体のメッセージ性は過去との決別だと思うんですよ。タイトルはサビ冒頭の歌詞なのですが大人になった自分が聴くととても心に響くなと。。。。言いたいところですが、

昔は良かった病の人最近増えてないですか?

 

 

 

 

嫌いな知り合いにことあるごとに「昔の作品は良かった」「今の作品は心に響かない」

と不平不満をつぶやく人がいます。

おまえの心が腐ったんじゃねえの?

というか、その人は昔がどうこう言いやがりますが。別にあなたはその世代の人じゃないだろうに。

まだその世代の人が昔は良かった病にかかるのは分かる。しかしながら、その世代の人じゃない輩が昔を懐かしむのは本当の意味で昔を知ってないんじゃないんかい?

思うにそんな人達は結局10年後も同じようなことをやってるんじゃなかろうかと予測しているのです。まあ、確定ではないけどそうなる可能性は高いよね。

時代に取り残されるってそういうことじゃん?

 

 

愚痴になってしまいあまり良いものではないのでこれくらいにしておきます。

自分への戒めを含めて昔は良かった病に気を付けたい。

勘違いしてる人が多いので人見知りとコミュ障の違いを教える。

f:id:shigeta-of-13:20161026230412p:plain

 

僕と同じ世代の人は本当に人見知りが多いと思う。だからこそ仲良くなるまで時間がかかる人が多いのですが。そんなことは大した問題ではなく人見知りよりもコミュ障の人の方が会話が成り立ちません。今でも時たま見かけるね。

その人見知りとコミュ障は具体的にどう違うのか。僕なりに答えてみる。

 

 

続きを読む

平行線

平行線

 

 

本当に本当の本当に自分をクズと理解している人はいったい全体どれだけいるだろうか?

当然ながら僕はクズ人間だ。

世の中にはここまでひどいのかってほどにクズな人間が山ほどいる。だが、クズには大きく二種類存在しておりそれは「自覚あるクズ」と「無自覚なクズ」だ。

自覚のあるクズは自分を最低だと理解しているから一応の「越えちゃいけないハードル」を理解しており本当に人を傷つけたりはしないことが多い。クズでも一応人の気持ちは理解できる良心的なクズなのだ。そこまでくるとなぜその人がクズと呼ばれるのかは分からなくなってくるが性格の部分でクズってわけじゃないのだろうね。例えばだらしない生活を送っているとか、いっそのことニートとか。

もちろん自分をクズと理解してなおかつ人を平気で傷つける人もいたりする。ただの最低だよ。

 

 

 

 

「無自覚なクズ」

これはひどい。自分をクズと理解せずに悪気なく人を傷つけたりこれまた本人に悪気はないのだけどタブーに触れてしまい人間関係を壊していく。壊れているのにも関わらず原因が自分にあると理解できないのはさらにたちが悪い。人に対して悪いことをしていることに気付かない人はたまにいるけど、なんかもうどうしてそうなったの。

 

 

 

 

クズとは人間的には駄目だしクズというだけで人は離れていくと思うし心底クズは報われない。人間は独りになったときにありがたみを感じるそうだが君はどうだい?僕は相変わらずクズだけどもそれでも離れないでずっと僕の友人という仕事を嫌な顔ひとつせず引き受けてくれる。ありがとうの一言では済まないほど感謝をしてるし僕はまだ友人たちに恩を返しきれてないのは確かなんだ。しかし、内面では「死ね」「消えろ、えなりしげた」「お前の顔面生理的にきついっす」「さっさとこのブログ炎上しろ」なんて思ってるけど見ていて哀れだし面白いからって理由で友人をやっている可能性もなきにしもあらずだ。ブログ炎上案件はわりときついな。

話がそれたがみなさんはクズでしょうか?それとも普通の人間でしょうか?僕には分からない。ただ言いたいのはクズでも良いと思うのですよ。どんなにクズでもあなたが生きていることは実に素晴らしいことなんですよ。そしてクズでも支えてくれる人がいることってこれ以上ないほど幸福なことなのかもしれませんね。そして、できることならクズより普通の人間を目指そう。

「無自覚なクズ」の皆さんへひとこと。

恥を知りなさい。

 

 

 

平行線

平行線

 

 

 

 

 

ジョジョ映画を詳しく解説していくよ【ネタバレあり】

https://www.instagram.com/p/BXosvAwD5YF/

 

こんにちわ、15年来のジョジョファンであるえなりしげたです。

絶賛公開中であるジョジョ映画を先日観に行ってきましたわよ。この映画はスルーしようかと心に決めていたのですが友人たちの評判が「そこまでひどくなかった」「普通だった」とパンナコッタ・フーゴなみの罵倒を浴びせるかと思いきや意外と普通の感想ばかりだったので、それなら僕も観に行ってみようかなとなってこうして仕事終わりのレイトショーに赴いてるわけです。

まず気にならざるを得なかったのが平日のレイトショーとはいえ観客が僕を含めて7人しかいませんでした。まだ公開されて一週間足らずなのにこんなもんなのかい?観客の中には見る映画がなくて仕方なくジョジョを見にきました感じのオーラを出している男女のカップルや僕と同じように仕事終わりにちょっと見てみようかなという身なりのOLなどそれぞれにそれぞれの思惑はあったんだろうと思わせるには十分でした。

嫌な予感を胸に抱きつつも映画の予告が終わり上映が始まりました。

※ネタバレするんでこれから見る人は注意せよ。

 

 

 

続きを読む

あとがき中毒

キノの旅 the Beautiful World<キノの旅> (電撃文庫)

 

 

私が読んでいる本の中には内容はもちろんのこと、あとがきが好きでたまらないものもチラホラあったりする。

たかがあとがき、されどあとがき。私が思うにあとがきはその作者の遊び心やら本性が見えてきたりするものかと思うのでわりと小さな楽しみだったりもしている。

淡白なあとがき。例えば「はい、あとがきです。読んでくれてありがとう」こんな感じで終わったりとか。わりと真面目にありえたりするのが何とも言えない。それもそれで個性の一つかもしれませんがね。

中にはあとがきにこだわりすぎてものすごくギャグを狙ったような作者だって存在する。キノの度はその最たる例である。

 

 

 

ブギーポップは笑わない<ブギーポップ> (電撃文庫)

 

ブギーポップシリーズなんかでは作者の体験から語られるとても知性溢れるような読んでいてとてもタメになるような語りで終始書かれている。

その語りはちゃんと作品のテーマに沿っているのがまた良いですな。

でも最後に素に戻っちゃうのが上遠野浩平の良いところなのかもしれません。

 

 

 

 

 

ブギーポップは笑わない (電撃文庫)

ブギーポップは笑わない (電撃文庫)

 

 

 

夕闇通り探検隊

https://www.instagram.com/p/BQK-N-phTH1/

 

夕焼けがセンチメンタルだった。そんな日。

体調が少し悪くて身体が若干きつかった最近のこと。大きい仕事を片付けるとすぐにどこか具合が悪くなる自分が憎い、憎くて憎くて殺したくなりそうだ。

命を削ることは当たり前のことだ。日々を生きるうえで毎日のように「死」を感じるようになったのは子供のころからだっただろうか?長くは生きられないと思っていた。どうせすぐに死ぬと思っていた。しかしどうだろう?ここまでたどり着いてしまった。たまに感じる喜びは束の間の休息で、小さな幸せでも大事に噛みしめていたつもりだ。

 

思い返してみると僕の人生はずっと日陰だったなあ。友人にも「楽しい思い出はないのかね?」と言われた。仕方のないことである。

僕以外の人間はなんであんなにも輝いて見えるのか。なぜあんなにも人に囲まれているのか。なぜ僕はこんなにもちっぽけなんだろうか。

人に囲まれるってどんな気分なんだろうな。人から期待をされるのはさぞ楽しいんだろうか。

その幸せを願うのは愚かなんだろうか。

 

 

 

夕焼けが綺麗だ。

 

【Fate/Grand order】一周年と二周年物語

f:id:shigeta-of-13:20170806154735j:plain

時が経つのは早いものでして、それは何をするにしても思う今日この頃でございます。

我々のFate/Grand orderが配信から二周年を迎えました。それと同時に私がFate/Grand orderをプレイしてから一周年を無事に迎えることができました。ソシャゲーにすぐに飽きる私にとってここまで続いたゲームは初めてでございます。何が私をそして多くの人々を楽しませているのでしょうか。自分なりに書いていくよ。

 

 

 

 

続きを読む