えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

どんなアニメでも3倍速で見ればてーきゅうぽくなるのか検証してみた。

てーきゅう 9期 [Blu-ray]

こんにちは。アニメばかり見てるキモオタです。

幼少の頃から15年以上アニメを見てきた僕なのですが、最近少しマンネリ化してきたような気がするのです。

そこで、今までとは違う全く別のやり方でアニメを見てみるかと考えています。例えば

 

 

どんなアニメでも3倍速で見たらてーきゅうぽくなるのか?

 

 

 

てーきゅう」とは?

2012年にTOKYO MXで2分アニメとして放送されたのだが

倍速を超えた超スピードで展開しその影響で作画は静止画がものすごい速さで切り替わっており、「キャラが何を言っているのか分からない」「展開が速すぎて頭が追い付かない」との声もネットで散見していたり

世界で一番早すぎる二分間と僕の中で言われています。

現在は9期まで放送。

 

今回の実験はハードディスクで録画していたアニメを3倍(大体のてーきゅう速度)で見てみようという安易な発想によるものです。

果たして、どれだけ「てーきゅう」になれるのか。

それでは実験スタートです。

 

 

 

 

続きを読む

実はすごいこと

f:id:shigeta-of-13:20171110141128p:plain

 

実はすごいことと言えば。

もう随分と見かけなくなったので絶滅危惧種に類と同じ扱いをしているのだが、どんな人間にも分け隔てなく普通に接する人間を久しく見なくなった。

普通の人間は人によって行動や発言を変える人が多いというのにも関わらずどんな相手にも普通に接してくる人。私はすごいと思う。

 

 

 

 

 

続きを読む

FGOサーヴァント評価 ベディヴィエール編

f:id:shigeta-of-13:20170331133503j:plain

ベディヴィエール。Fate作品の中では古株な人物で、FGO6章での活躍もあってか根強い人気があります。ちなみに私はやっと宝具レベル3。

 

 

続きを読む

インスタ映えについて思うこと

Instagram

 

今年の流行語になるんじゃないかの勢いで皆さんが使っている言葉。それこそが「インスタ映え」

レストランなどの外食や散歩している時にやたらとスマホを片手に写真を映し出す。インスタグラムをやっている僕としては「別に普通じゃね?」と思うし景色を携帯に保存することは別にいいんじゃないですかね?って考えの人なんですよ。

 

 

というか僕なんかはインスタグラムを上手く使えてないのかよく人に「一定の人にしか魅せてないね?君のインスタグラムは」なんて言われたりする。

僕のインスタグラム。それは主にゲームやってる写真を紹介していると思い出したかのように外食の様子(主にラーメン)しかないため人々に何の影響ももたらさないのは確実だ。僕のインスタグラムなんかそれはゴミクズみたいなもんでTwitterはてなブログでやれば済む話なんだ。わざわざインスタグラムという土俵に立ってインスタグラマーの皆さんと戦うことはない。だから僕はインスタグラムに執着していないし、インスタ映えについて語れるほど楽しんでいないのだ。

なんでインスタグラムを始めたのかと問われると正直なところ「どんなものか試したかったから」それしかない。あまりにも軽すぎる理由だ。

とはいえインスタグラムに知り合った人も何人かいて1年くらいの付き合いになる人もいるためそこで退会するのはあまりに無慈悲だし続けることにした。僕って意外とええ奴やろ?

 

 

 

さて、インスタ映えですか。

例えば「美味しい料理」や「楽しかったライブ」を言葉だけで伝えようとすると必ず限界がくるはず。言葉の力は大きいがやはりそれ一つでは無敵ではないから私たちは画像に頼るのだろう。

画像+言葉による力は無限に広がると信じている。より良い画像に付属している言葉は「発信力」と「影響力」をもたらすのだろう。インスタグラムは景色を共有するツールとしては素晴らしいコンテンツであるし、画像の編集も素人でも簡単にできる。

「紹介」という一部分に限ってはTwitterよりも役に立つしむしろもっと活用するべきなのかもしれないね。

ブスやブサイクがより一層際立つのもインスタグラムの面白いところで性格の悪い諸君は是非とも笑いにきてほしい。

 

 

地下室

お題「高校生の自分に読ませたい本」

 

地下室の手記 (新潮文庫)

 

昔の俺よ。ぜひともこれを読んでほしい。これを読んで絶望するのか共感するのか分からないが若い俺にはどう映って見えるのか少しは興味がある。

そして、お前の近くにいるであろうあのクラスメイトにも必ず薦めてほしい。「地下室の手記」はドストエフスキーの作品の中で俺が最も共感を得たものだ。それは俺が控えめではあるが闇を見てしまったからなのかもしれない。

だが、若き頃の俺はまだ前を向いていたはずだ。だから見え方も違って見えてくるはず。読んでくれ。

あと言い忘れたこと。這い上がってくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてキザに書いてみた。地下室は多くの人間に読んでもらって嫌な気持ちになってほしいかな。

SNSから離れていた件。

f:id:shigeta-of-13:20161115231227j:plain



特にトラブルがあったわけではないけど。
なんとなくTwitterInstagram、およそ僕がやっているSNSから少しの間だけ離れてみた。
耐えられないわけじゃないけどやっぱり生活の一部になっているからちょっと気になってたりはしてた。
具体的には「今、タイムラインで何が盛り上がってるんだろうな」「笑えるネタ落ちてないかな」「知り合いの誰かしらが炎上してないかな」
くだらないことばっかり。
この世は情報社会で発信しなくては生きていけない世の中である。
イベントや作品が完成した時にTwitterで告知をしている人が多い。というかそれがないと多数の人に見てもらえない。
ちょっと前に騒がれていた「Twitter終了」のバッドニュース。
Twitterを運営してる会社が倒産するのでは?って話っす。
これで仕事の面で影響が出るのはWeb上で活躍してる人はもちろんのこと、いわゆるWeb漫画家の危険が危ない。(とっても!ラッキーマンリスペクト)
そうだ、発信できなくなるからだ。
その他、動画サイトで活躍してる人も危ない。
Twitterなくなったらどうすんだ、俺ら。





多分Twitterはなくなる。
まあ、でもTwitterより便利で上位互換なコンテンツが生まれそうな気がするんだ。
だからそうやって便利なものは新しいものが出てくる度に消え去るのかもしれない。
でも、これは覚えておいてほしい。


「消え去るより燃え尽きた方がいい」

妹さえが色々と禁じ手を使っている件について

さて、秋アニメが始まって少し落ち着いてきましてね。

僕はと言いますとここにきてエッチなアニメに少しハマっています。

 

 

 

f:id:shigeta-of-13:20171107212631j:plain

 

 

f:id:shigeta-of-13:20171107212650j:plain

 

 

f:id:shigeta-of-13:20171107212713j:plain

 

 

 

 

 

 

エロいアニメは卒業したはずなのですがこれみた瞬間に理性という防波堤が音を立てて崩れていきました。

アニメの名前は「妹さえいればいい。」ヒロインの名前は白川京(しらかわみやこ)

主人公のことが好きでありながらも気持ちを正直に伝えれないでツンツンしてしまうそんなありきたりな設定の女の子であります。

そしてこれもまた悲しいかな。負けヒロインな気がする。二番手ゆえの宿命なのかEDクレジットも正ヒロインよりもあとです。

ほぼ毎週のようにエロシーンを提供してくれる京はまさしく我々の天使なのです!

 

 

 

と、ヒロインの魅力を語ってみたものの

妹さえいればいい。」という作品はタイトルのように主人公が妹萌えについてしつこいくらい熱く語りはするもののそこは単なる作品のファクターでしかないのです。

まず、この主人公は若干20歳にして売れっ子ラノベ作家なのだが原稿の進み具合が遅く毎回のように締め切りに間に合わず編集部に怒られているのだ。

ある意味作者である平坂読氏の苦労や努力などが語られているようなそんな作品に私は思えた。

いわゆる業界アニメのひとつでもあるし、作中では有名なラノベのタイトルを引き合いに出して討論が行われたりする。

アニメの1~2話から思いっきり同作者の出世作である「僕は友達が少ない」のヒロインの話が出てるし、ついでに言うと「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の話も出たりでなんだかラノベ好きのためのアニメな印象は強い。

同作者は以前「ラノベ部」というタイトルで執筆をしていたがそれを思わせる内容にもなっている。

何はともあれ一人のラノベ好きとしてこの作品は完走していきたい。

 

 

 

 

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)

 

 

 

僕は友達が少ない (MF文庫J)

僕は友達が少ない (MF文庫J)