えなりしげたの深夜だから言わせろ!

道楽。https://twitter.com/shigeta_of_13

二次元の嫁①

おねがい☆ツインズ Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)

 

以前、友人たちと呑みの場で最初に好きになった二次元キャラって何よ?

と、盛り上がった。

内容が内容だけに十分にいやこれだけで一か月語れるほどに盛り上がったと思う。

そこそこの年齢をした僕らがこんなことで盛り上がれる辺り、どこまで行ってもこのグループはオタクなんだな。

さて、僕の初めての嫁はというと。

 

 

おねがいツインズから

 

 

 

コトブキヤ おねがいツインズ 宮藤深衣奈 水着版 1/7PVC塗装済み完成品

宮藤深衣奈である。

 

 

 

 

今、考えると別段個性のあるヒロインでもないし、好きな自分があえて言うけどそこまで魅力的な女性ではないことは認める。

しかしながら、僕がこのアニメを見始めた当初まだオタク文化に触れていなくていわゆるオタクの道に目覚めていない時期だった気がする。

このヒロインはやたらと作中でお色気シーン(主にお風呂)が多くまだ思春期すら迎えてない僕の扉を開くには十分すぎるほどの刺激だった。

CVは中原麻衣。当時から正統派メインヒロインの声がとてもお上手な役者さんでした。

今の自分が好きになるヒロインはどこかおかしなところはあるけど、軸がぶれないでしっかりしている人が好きになることが多い。

そういった意味では今年放送していた「リトルウィッチアカデミア」のダイアナはしっくりきた。彼女は自分の信念を曲げずに自分の道を進んでいて、ショックで落ち込んでいた主人公を𠮟咤激励して立ち直らせたシーンも地味ながらも良かったよ。

 

 

 

では、次回も嫁について語りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第12話 3人でツインズ

このシーンええな。

現代人はみんなうまるちゃんだよね

干物妹!うまるちゃん 11 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

この表紙相変わらず可愛いなオイ。

干物妹!うまるちゃんとは容姿端麗、品行方正、成績優秀、スポーツ万能で学校内のでの評判も良く老若男女問わずに好かれているが、家に帰る頭身が二頭身になり夜更かしや偏食をするグータラな生活を送る少女「土間埋(どまうまる)」の周囲で起こる日常を綴ったギャグ漫画である。

現在(2017年12月)アニメ二期が放送中であり最近では中の人たちがエンディングの曲を踊ってみたりとメディア化は概ね成功したと言えるだろう。


TVアニメ『干物妹」!うまるちゃんR』エンディングテーマ「うまるん体操」踊ってみた(TVサイズver)/妹S

 

 

まあ、今日はうまるちゃんの感想を言いたいわけじゃないんですよ。

つまるところ

 

 

現代人はほとんどうまるちゃん状態なんじゃないの?

 

 

 

 

続きを読む

豪血寺一族を少し解説してみる

豪血寺一族2 ちょっとだけ最強伝説

 

色々な意味で思い出に残っている格ゲーがある。

一部の間でカルト的な盛り上がりを見せているアトラスのあのゲーム。

そう、それこそが豪血寺一族だ!

 

 

こないだゲームセンターでやったら少し楽しくなったので解説していくよ。

 

 

 

 

続きを読む

パスタ&パスタ

和食パスタ100

 

先日、友人とランチをしました。ポポラマーマ。どこぞのマザーがパスタを茹でている看板でお馴染みだね。

味は美味かったのは当然としてとても清潔感のある店内だったのよ。しかも店員さんがわざわざお水のお替りを勧めてくれたり常に笑顔で接客してくれたりね。

普通のお店に入ったはずなのにこんなにおもてなしを受けてね。人のやさしさに触れることが少ないから感動したのさ。

ちなみに僕が頼んだのは納豆パスタなんですけども、納豆特有の臭み全くと言っていいほどなかったのさ。ひきわりにしてたから食べやすくなってたしポポラマーマってもしかしたら味の美味しさよりは食べやすさを重視しているんじゃないかな?

サービス精神も満点に近いほどのものだったし逆になんで今までポポラマーマを敬遠していたんだろうと後悔していましたとさ。

 

 

 

ヨーロッパの料理を日本人に合うように調理するのって実はすごいことなんじゃねえかな?外国の料理は確かに美味いものも多く存在する。だが、それを日本人好みに仕立て上げるのはここにもおもてなしの精神を感じます。

FGOサーヴァント評価 ゲオルギウス編

f:id:shigeta-of-13:20170926170600j:plain

今回紹介するのはですね。星2サーヴァントの重鎮でありながらもマスターのカルデアを優しく見守ってくれるゲオル先生です。

先生的にはちゃんと略さないで呼んでほしいようなのでたまにはゲオルギウス先生と呼んであげよう。

 

 

続きを読む

睡眠地獄

f:id:shigeta-of-13:20171108162618p:plain

夢とは自分の理想や憧れを映し出したりと考えようによってはハッピーでメルヘンなものだ。

だが、その逆もまた然り「人に追いかける夢」「ギロチンに分解される夢」「シャチに飲み込まれる夢」

いわゆる悪夢という存在も誰しもが経験しているのではないでしょうか?

 

 

僕の最近の悪夢は昔の上司が現れた夢です。怖かった。

昔のように夢の中でも相変わらず僕を怒鳴っていました。当時はほぼ毎日のように怒られて薄毛になっていたなあ。

夢の中でも存在感を出してくる辺り僕の中でかなり存在が大きくなっているのだろう。皮肉なことに。

 

 

とはいえそれだけ怒られて成長できた部分もたくさんあるので一概にそれがトラウマになっているというと語弊があるし、むしろ感謝をしたいなと朝起きて思ったのだ。

自分のことを真剣に怒ってくれる人間はどれだけいるのだろうか?

いやはや、もういないのかもしれない。

怒鳴ることも愛の一つであるとまた確信したのだ。

最近は薄毛も治まってきて嬉しい限りです。

睡眠遊戯

f:id:shigeta-of-13:20171108160820p:plain

 

ここ半年近く布団に着いたらものすごい勢いで夢に沈む。

それはもう目を閉じて一秒くらいの勢いで寝てしまうのだ。

子供の頃は寝つきが悪く寝るのも遅かったのですが大人になってこれが本当に理由はわからないがギネス級の速さで寝てしまうのだ。

ドラえもんのエピソードでのび太が「もしもボックス」でたくさん寝れる人が偉くなる世界を作り出した回があるが恐らく僕はその世界なら二番目くらいに偉くなれる自身が大アリだ。さすがに眠りのプロののび太にはこちらも勝てないだろう。

 

それが悪いのか良いのか分からないけどこれは特技のひとつとして紹介してもいいのではないでしょうか?

そして、この僕は徹夜やオールで遊んだりをあまりしたことがない。身体が寝ないとダメな体質になっているためもはや「えなりしげた」と「睡眠」はセット商品と思っていただいて構わない。なんならこれを書いてるときも少し眠くなってきた。

まあ、とはいえ寝すぎるのも良くない。こないだの話。

 

 

 

 

~06:45~

起床

僕「06:45分か。。。」

「06:45分。。。」

「やばくね?。。。」

 

 

 

この後、40秒で支度して出勤しましたとさ。

遅刻には気を付けよう。